スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レトロビル 華麗なる変身 築半世紀、「ホステル」に改修(産経新聞)

 ■欧米の旅行客に人気

 大阪市内にちょっとユニークな宿泊施設がオープンした。「HOSTEL64Osaka」(ホステルロクヨンオオサカ、大阪市西区)。建物は、半世紀近く前に建てられたオフィスビル。古いビルのよさを残しながらリノベーション(改修)したところ、1泊1人約5000円と低価格ながら、日本情緒と最新設備が共存するしゃれた「ホステル」に大変身。連日、欧米の旅行客を中心ににぎわっている。

 一見したところ、年季の入ったシンプルなビル。本当にここがホステル?と半信半疑で階段をあがると、年代ものの和だんすが温かな雰囲気のフロント。ロビーには明るい日差しが差し込み、むき出しの天井も印象的。「応接室」とプレートがはられたフロント横のレトロなガラス戸をあけると、お酒を飲んだりできるラウンジだった。

 客室は全部で10室。ベッドの部屋もあれば、畳敷きの和室もある。珍しいのは、「ドミトリー」で、室内に6つのベッドを配置し、それぞれ、布1枚で仕切られている。隣の人のいびきも聞こえてきそうだ。ちなみに、こちらは1泊1人3900円から。

 「このドミトリーから埋まっていくんですよ」と話すのは、建物の改修から運営まで手がけている「アートアンドクラフト」(大阪市西区)代表、中谷ノボルさん。同社は、これまでにも数多くの中古のオフィスビルやアパート、長屋などのリノベーションを手がけ、多様な住まい方を提案してきた。「宿泊施設も、もっと多様でもいいはず」と、大阪市内の約300の物件から選びだしたのが、昭和39年建築の工具メーカーの事務所兼寄宿舎だったビル。

 天井から洗面所のタイルまで、古いビルのよさを残しながら、トイレやシャワールームなどには最新設備を導入。壁紙や家具にはとことんこだわり、「デザインホテルのしゃれた感じと、民宿の温かみを併せ持ったような」ホステルに向けて工事を進め、先月16日に開業した。

 1カ月がたった現在、9割以上が、ウェブサイトから予約した欧米を中心とした外国人客だという。ファッションや建築、音楽関係の職業をもつ30~40代が多く、到着するなり「クール(かっこいい)!」。

 今後、アジアからの外国人客や、国内にも人気が広がっていきそうだ。(岸本佳子)

【関連記事】
“カメラ系女子”宮崎あおい クールに使いこなすオリンパス「ペン・ライト」
恐ろしい…私の知らない仙台とは 仙台放送・原英里奈アナウンサー
丸ノ内線レトロなメトロでニッポン再興!
たばこ店主が写した思い出 笹本繁宏さん(87)
地下迷宮の商売 商魂たくましい露「冷戦博物館」
外国人地方参政権問題に一石

男児十数人に性的虐待 養護施設の男性指導員(産経新聞)
普天間 「26年移設、遅れも」 平野長官が見通し(産経新聞)
自社品配合の高血圧症治療薬レザルタスを新発売―第一三共(医療介護CBニュース)
「肩代わり」法案が衆院通過(医療介護CBニュース)
BoA、約2年ぶりの全国ツアー最終公演=「やりたい音楽を続けたい」(時事通信)

<出水市長選>渋谷氏が再選 鹿児島(毎日新聞)

 出水市長(鹿児島県)渋谷俊彦氏(68)が再選。前市議の北御門伸彦氏(54)を破る。投票率は73.94%。

 確定得票数は次の通り。

当22001 渋谷 俊彦=無現<2>

 10634 北御門伸彦=無新

大型スクーターでひったくり=被害品の処分役複数か-容疑の31歳男逮捕・警視庁(時事通信)
井上ひさしさん死去=作家・劇作家、「吉里吉里人」など(時事通信)
新党応援、憂国の石原知事「血が煮えたぎっている」(産経新聞)
<山武市長選>椎名氏が再選 千葉(毎日新聞)
2歳男児虐待死で元少年を起訴 大阪地検(産経新聞)

<京都大>「自由をはき違えないで」 入学式で学長がクギ(毎日新聞)

 京都大の入学式が7日、京都市左京区の市勧業館みやこめっせであり、10学部計3013人の新入生が大学生活のスタートを切った。京大では学生による覚せい剤所持や準強制わいせつ事件などが相次いでおり、松本紘学長が式辞の冒頭、「自由(の意味)をはき違えないでほしい」とクギを刺した。

 松本学長は「(青春時代は)心が沸き立つような直接的な人間の欲望に制圧されうる危うさがある」と、京大教授だった哲学者、和辻哲郎の言葉を引用。青春の勢いを芽にたとえ、「芽の成長をひずませず、それを助ける滋養分だけを与えることが肝要」と強調した。【広瀬登】

【関連ニュース】
卒業証書:有山楓ちゃんに 04年奈良で誘拐、殺害される
入学式:元気いっぱい新1年生…東京都内の小学校
眞子さま:国際基督教大の入学式に出席
東大:2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気
京都大:卒業式、今年も仮装登場…でも少なめ

<神奈川不正経理>元職員、授受のたびに場所変更(毎日新聞)
<学校耐震化>予備費で推進する考え示す…鳩山首相(毎日新聞)
今年もお目見え「雪の壁」 立山黒部アルペンルート、いよいよシーズン幕開け(産経新聞)
元横綱主治医、1億円所得隠し=架空経費を計上-東京国税局(時事通信)
関西3空港、今後10年は併存=伊丹の存廃判断先送り-地元懇談会(時事通信)

<2ちゃんねる名誉棄損>原告、元管理人の印税から賠償金(毎日新聞)

 インターネットの掲示板「2ちゃんねる」上の書き込みを巡る名誉棄損訴訟で、敗訴した掲示板の元管理人、西村博之氏が損害賠償金の支払いに応じなかったため、原告が、書き込みの内容を基にした書籍の印税を差し押さえ、債権とみなして出版社を提訴。和解金の形で「賠償金」の一部を回収していたことが5日分かった。

 原告側代理人を務めた斎藤裕弁護士(新潟県弁護士会)は「西村氏からまとまった損害賠償金を回収した例は、これまで聞いたことがない。同様の被害に遭っている人たちに新たな解決の道が開かれた」と話している。

 斎藤弁護士によると、原告は西村氏を相手に損害賠償金などを求めて提訴。裁判所は西村氏に損害賠償金の支払いを命じたが、応じなかった。このため、書き込みを基に08年に出版された書籍「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺(おれ)は限界かもしれない」について、西村氏の印税債権を差し押さえ、出版社に印税からの支払いを求めた。

 出版した新潮社(東京都)は、印税の振込先が西村氏個人ではなく、シンガポールの法人が指定されていることを理由に拒否。原告は東京地裁に提訴し、同地裁は09年12月、西村氏が印税を事実上受け取るものと判断、同社に支払いを勧告した。印税の一部の数十万円を支払うことで和解が成立したという。【川畑さおり】

 新潮社は「既に判決が出ている問題であり、本来であれば当事者同士で解決が図られていればよかった」とコメントした。

【関連ニュース】
脅迫:ネットで参院選候補 容疑の男出頭 書類送検へ
名誉棄損:ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める
名誉棄損訴訟:大学教授勝訴確定 セクハラ認めず 最高裁
八百長疑惑裁判:賠償を3割以下に減額 東京高裁判決
名誉棄損:ネット上「深刻な被害ある」最高裁初判断

宅八郎氏を起訴猶予 脅迫容疑で書類送検(産経新聞)
不合理なければ「裁判員の量刑維持」…東京高裁(読売新聞)
雑記帳 小雪さんが新作映画PRで表敬 福岡(毎日新聞)
ピンハネ、トラブル…急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”(産経新聞)
映画500作、違法ネット配信4年間 “監視システム”で初摘発(産経新聞)

老人ホームの軽自動車衝突、93歳と81歳死亡(読売新聞)

 4日午後1時45分頃、愛知県小牧市小木東の国道41号交差点で、老人ホーム「グループホームゆうあい」(小牧市小木南)職員丸山琴さん(34)(愛知県岩倉市東町)運転の同ホームの軽乗用車と、同県豊山町豊場、会社員岡本由紀子さん(38)の乗用車が衝突した。

 軽乗用車の後部座席に乗っていた入所者の安藤鈴子さん(81)と竹田ワキさん(93)が全身を強く打つなどして死亡、丸山さんも軽傷を負った。

 県警小牧署の発表によると、丸山さんは2人を乗せ、近くのスーパーに買い物に行く途中だった。同ホームは、小牧市内のお年寄り9人が入所している。

<受動喫煙防止条例>神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
<業過致死容疑>当直医書類送検 適切処置せず死亡 警視庁(毎日新聞)
東大寺・筒井長老の本山葬、営まれる(産経新聞)
国際化学オリンピック 日本代表の高校生4人を発表(毎日新聞)
普賢岳被災のカメラか、撮影ポイントで発見(読売新聞)
プロフィール

あきもとのぶおさん

Author:あきもとのぶおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。